« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

TDS・TDL連日に。。。

週末、地方に住む義ママと義姉が甥っ子を連れて遊びにきてくれました☆

5歳の甥っ子が行きたいところは、やっぱり東京ディズニーランド。土曜日夕方からTDS、日曜日は朝からTDLへ行ってきました!(家族フォトしか撮る余裕がなくて、フォトなしで、ごめんなさい)

が・・・疲れました。2日間とも雨・雨・雨。地べたでおみやげ抱えながら首をもたげて眠っている(夕方よく見かけます・・・)お父さん方の気持ちがよくわかりました~。小雨になった時間もあったけれど、やっぱり雨のパークはたいへんでした。家族だけなら絶対行かない条件、でもせっかく泊まりで遊びにきてくれたのだから、「雨だから行かない」との選択肢はなし。春休みの週末という殺人的に混雑するだろうと予想していたけれど、かなり人出は抑えられていたと思うので、アトラクションは結構楽しんでもらえたかな~?

今回うれしい予想外だったのが、次男と一緒にスプラッシュマウンテンを楽しめたこと♪子供と一緒にTDLに行くようになってからコースター系はほぼ全滅だったけれど、身長90センチ以上でスプラッシュマウンテン乗れるんです。知らなかった~。久しぶりのコースターはやっぱり爽快~!ふぅ!

話は変わってブログ更新しながらテレビ東京「カンブリア宮殿」をなんとなく観てました。今回は三鷹光器会長、中村義一氏。NASAも認める41人の精鋭技術集団である町工場の入社試験はとってもユニーク。その一、焼き魚の食べ方 二、模型飛行機の組み立て 三、電球をデッサン させるんだそうです。手先が器用で想像力があり頑固でない人が欲しいのだそう。 最後に三鷹市の小学生が工場見学に招いているところが放送されていました。「この中で少しでも科学者になってくれれば」と会長は一言。カンブリア宮殿は好きで結構観ているんだけど、ブログの記事にするほどは・・・でも最近、6歳の長男が「発明家になりたい」とこぼしていたので、今回の出演者は興味深く観てしまいました☆

ちなみに中村氏の成功の秘訣は「人に迷惑をかけず、自分の道をまっすぐに行くこと」だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理想の暮らし?!

理想の暮らし?!先週末、土曜日には久しぶりに会う友人とランチ♪今回の場所はブラッスリー・オザミ。ここは2度目です。気軽な雰囲気なのに、お料理は素材がきちんとしていて味付けも洗練されているのです。写真は前菜の吉田豚のテリーヌと田舎風パテ。メインは長崎佐世保産ほうぼうの一本丸ごとローストにしました。本当に一尾っ、ボリュウムもあり!のところがうれしい☆

最後のハーブティを飲み終えたときは3時間もおしゃべりしていたことが判明☆続きは次回のお楽しみということで♪

帰りにきむらやさんに寄って、パパたちのおみやげに。目当ては期間限定の酒種いちごあんぱんです。いちごの甘酸っぱさがたまらない!定番のつぶあんと栗もお買い上げ♪20070319_002

そして翌日の日曜日は地下足袋を履いてじゃがいもの植え付け。20070319 今年一年間体験農園をレンタルすることになったのです♪ご近所さんとシェアして☆楽しみ~!20070319_003_1

20070319_005_1 この日、 出かける前に焼いておいたスポンジケーキです。シンプルにいちごと生クリームを添えて。スポンジケーキは何十回も焼いてきたので、大分うまく焼けるようになってきました。今日焼いた配合には3割ほどリファリーヌが入っています。そうするときめ細かくてもパサつかなくてふわんとするの♪

20070319_009 翌日の3時のおやつには、残りのスポンジにお友達に頂いた軽井沢みやげのシトラスマーマレードをたっぷり塗って。ジャムよりもジューシーな感じなのでスポンジにしみ込んで、おいひぃ♪

都会と田舎、どっちもありの週末。欲張りな感もあるけれど、これってなかなか理想だなあ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春スカーフ

20070317_002_1 まだ肌寒い春先にサッと首に巻けるスカーフを探していたのですが、なかなか見つからず。。。

高い値段を出して気に入らないものを買うよりは、作っちゃえ!ということで。

この春にほしいスカーフとはちょっとイメージと違うのですが。。。

数年前に買ったアンブレラ柄のプリントの布で。かなり甘めの布なのですが、もうこの際もっと甘く端にレースを付けちゃいました☆20070317_001_1

ボトムはきりっと細身のジーンズがいいかな。コットンのシャツとカーディガン、コートがわりの丸えりの七分ジャケットにサッと巻いてみます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・卒園

3月15日、長男シュンは3年間通った幼稚園を卒園しました。

卒園式では、子供たちはピッと背筋を伸ばして、それはそれはみんな本当に立派な姿でした(涙)1時間以上も集中力を切らさずがまんができたのは、子供たちの成長する力はもちろん、先生方のサポートがなかったら、ここまで素晴らしい姿を見られなかったでしょう。お世話になった先生方へは感謝の気持ちでいっぱいです。

3年前の入園スタートから、シュンにとっては必ずしも良いスタートではなかったのです。というのも、入園式2日前に次男のヒロミが生まれ、やはりママとして赤ちゃんに手をかける時間の方が大きかったので。。。(入園式はどうしても出席してあげたくて新生児室にヒロミをお預けして、入院中の病院からかけつけました☆)

朝のバス停までの送りはパパに、お迎えはひと月泊りがけでお手伝いにきてくれた義ママにお任せして。義ママが帰ってしまった後はファミリーサポートセンターの方のお力も随分とお借りして、なんとか第2子出産時期を乗り越えることができました。

朝、バス停でわんわん泣きながらどうしてもバスに乗れないお子さんがいる中でも、シュンは元気いっぱいに飛び込むようにして幼稚園バスに乗ってくれて。。。本当はもっと甘えたかっただろうにね、ごめんね。。。 いや、家で甘えられない分、彼にとって幼稚園は救いの場だったのかも・・・(?)

年中さんくらいから保護者宛てのお手紙など使わずに、「今週中に牛乳パックをもってくること」とか、「紙袋をもってくる」というように、先生からの伝言をどれくらいきちんとお母さんに伝えられるかという練習?が度々あったので・す・が!これがまた、シュンはなかなか自分から口を開かず・・・。ご近所さんから教えてもらったことも多々ありました。とほほ。でも最近やっと、やぁっと、帰宅して玄関を開けるなり紙袋がストックしてあるところを勢いよくあけ、「ママ~園服の長さくらいの紙袋ある~?」とちゃ~んと伝言ができるようになりました☆・・・ってもう卒園です。ああ、3年間というのはカレが成長するために必要な時間だったのだと実感。よくいわれるけど、親は焦っても仕方ない。反省。

さあ、4月からは一年生。めいっぱい遊んで、勉強をして、恋もして?今まで以上に充実した毎日を送ってほしい。あたたかみのある暮らしを家族みんなで続けて、いつかこの小さなドアから広い世界へ飛び出していってくれたら。。。

これからはさりげないサポートが必要になるはず。少しづつ子へのかかわり方が違ってきても親業はまだまだ続きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

東京大空襲

3月10日、62年前のこの日、東京の下町で10万人以上の方が空襲で亡くなられました。90歳を過ぎた私の祖母はこの東京大空襲の被災者です。その日は裏庭に掘った洞穴に祖父と子供たちと息を潜んでいたそうですが、戦火があまりにもひどくなり、もうここではだめだと判断した祖父は「ここで、ここで、死ぬから」という祖母の言葉を無視して、近くの小学校へ手に手をとって逃げたそうです。しかし、そこの校舎は避難してきた人々で溢れ、なんと門前払い。仕方なく、そのまた先の元加賀小学校の校舎へ逃げ込み、家族全員なんとか生き延びたそうです。そして、これは後から知ったそうですが、最初に逃げ込んだ小学校は火災がひどく跡形もなくなっていたそうです・・・。

祖父は私が生まれる以前に病死をしました。祖母は5歳のときに当時の流行風邪で両親を亡くし、養父母に育てられ、18歳のときに東京深川へ上京しました。祖父と結婚したときはいきなり5人の子持ちに。食べ盛りの子供たちのために毎朝2升の米を炊いていたそうです。

現在の私の年齢よりも若いときに戦争を体験している祖母。しかも7人の子を抱えて。私の想像をはるかに超えているのは明らかです。祖母の手はごつごつしていて、まるで男の人の拳のよう・・・。 祖母は正真正銘の苦労人なのです。

私が一番尊敬するひと、それは私の祖母です。

現在の祖母は、痴呆がひどく、時間の感覚などがありません。孫である私の存在はわかるようですが、耳もほとんど聞えない状態なので、普通のおしゃべりはできません。それでも、小さい頃近所のガキ大将が黒猫を土に埋めているのをながめていたことや?末子である私の母がなかなか乳離れせず、仕方なく乳首にとうがらしをぬったこと?先の空襲の悲惨な体験など、いろいろと話をしてくれます。

私は「うん、うん」と、うなずくだけなのですが、背中を丸めて一生懸命話をしてくれる祖母の傍にいると穏やかな気持ちになるのです。まるで子守唄を歌ってもらっている子供のように。。。

つらい体験をしてきたひとの表情はなぜこんなにも柔和なのでしょうか?

一見平和であるこの時代に身を置いている私にはもしかしたら一生わからないのかもしれない。でも想像力を膨らませ自問しつづけることに意味があると、祖母は教えてくれているのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いちごのチーズムース

20070305_004_2空気がふわふわした暖かな3月最初の週末、桜(カンザクラかな?)も一気に花開いたようでした。街中の小さな公園のベンチに座っていると、桜の木の前を通る人々のほとんどが見上げて・・・おだやかな休日でした。よくみるとうぐいす色の鳥が桜の花をあっちこっちとチュッチュ泣いてます。うぐいす?でも街中だしなあ、帰りに図書館に寄って図鑑で調べてみると「めじろ」でないか、と長男シュンと意見が一致。「めじろ」は甘いものが大好きでどうやら桜の花の蜜をついばんでいたようです。

そうそう、家の中はかなりすっきりとしてきました。ごみ袋10袋は捨てたでしょうか。。。

毎晩帰ってくる度にごみ袋が玄関先に出してあり、パパも「今日もすごいね。。」のひとこと。でもまだまだなんですよ~!

自分のもの、こどもの、みんなで使うものがかなり整理されてきたので、今度はパパの番です☆私と似たりよったりの溜め上手(貯め上手ならいいのだけど・・・(!)

まあ、パパの私物まで私が処分するつもりはないので、MUJIの整理ボックスを追加してぼちぼちガンバってくださいな。

あらら、カテゴリーお菓子作りにしてたんでした・・・。

今は「そうじ力」をつけるために全力投球してる?のでお菓子作りはお休み中。

でもカンタンなものなら・・・と。

20070305_011 グラニュー糖をまぶして一晩置いただけのいちごシロップでほんのりピンク色のいちご牛乳。

20070305_008_1 そして、室温に戻したクリームチーズ50gと水切りしたプレーンヨーグルト200g(300gを水切りすると約200gになります)、グラニュー糖10gを混ぜただけのチーズムース。少し冷蔵庫で冷やすとクリームチーズが再び締まって、なめらかだけどコクのあるチーズムースになります。カンタンなので食後のデザートに少し甘いものが食べたいときにいいですよ♪甘さはひかえてあるので、このムースにバルサミコ酢をかけてもおいしぃです☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »