「囲碁教室」はじまりました

長男シュンは、年長のとき1年間、幼稚園で月に一度講師の先生をお招きして囲碁を教えていただきました。卒園してから早2ヶ月、折角子供が興味を持ったものを親が機会を与えずに終えてしまうのが惜しくて、なにかできないか?と考えていました。

縁あって、その幼稚園でお世話になった先生が講師になってくださることになり、初心者向けの子供囲碁教室をはじめることになりました。ご近所の方や先生の教え子のお兄さんたちもお手伝いにきてくださり、母として、感謝の気持ちでいっぱいです。

土曜日、しかも朝8時から9時という時間帯なので、ポスター掲示などもしてみたけれど、こどもたちが集まるかどうか、はじまってみないとわからない状態だったけれど、現在15人の子供たちが集まって囲碁を楽しんでいます。

今は、それはそれはにぎやか(汗)に囲碁を楽しんでいるけど、しばらくしたら、皆うーんと

うなりながら対局する子供たちの姿を、お母さんたちは観ることができるのでしょうか???(汗・汗)

囲碁は今世界的にブームだそうで、うまくすれば英語が話せなくても世界中に友達ができて、濃密なコミュニケーションがとれるかも(!)

そして、ゲームとしての楽しみはもちろん、集中力をつけるのに役立つなどと言われているそうです。そんなおまけがついてくるなんて、こりゃ楽しみです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

こどもたちと一緒に♪

20070430_007 20070430_008船橋海浜公園へ潮干狩りへ♪長男はあさりというより、小さなカニを見つけるほうが得意な様子。次男は最後の運搬係りです☆

20070430_012 20070430_009 いちごジャム作りは長男に一任して作ってもらいました。(消毒はママ)が、次男といちごを洗うところからつまみ食いっ。2パックが1、5パックくらいの分量に~コラーッ。翌朝は焼きたてパン(ホームべーカリー)の香りで目覚めてジャムパンに♪いいぞ、いいぞ、よくできました!!!

20070430_002 20070430_003 お裁縫だけはひとまずママだけの領域にさせてね♪

長男には学校で使うはさみやのり入れを。小さな刺しゅうのモチーフは本人は使うブルーのはさみから。4月から幼稚園入園前のプレスクールへ通い始めた次男へはお教室で使うコップ入れ。20070430_005こども部屋の隅にあるモビールの汽車をデザインのヒントにしてみました。こんな小さな刺しゅうでも子供たちは意外に、そして恥ずかしいくらい喜んでくれました~。

そして、ただいま進行中なのがクロスステッチ。私の大好きな花のひとつをモチーフにして刺しています。眠る前のひととき、ちくちくするのがちょっとした楽しみ♪

連休も前半終わりましたね。。。小学校という新しいフィールドで学校生活が始まった長男が、休み明けからまたわくわくしながら登校できるように、このお休みは大切に使ってあげたいな☆

20070430_014

| | コメント (6) | トラックバック (0)

わけわからない?!

長男の入学式が無事終わり、小学校生活がはじまりました。

慣れない生活は緊張の連続だろうな・・・。帰宅して玄関に入ったとたん、転がるように甘えてきます(!)そして・・・

「きょうはどんなだった?」の質問に彼は「わけわからなかった。」

ぷぷぷ。本人はいたって真剣に感じているようだから笑っちゃいけないけど~。

まあまあ、これからこれから!君は気合いを入れすぎだよ。もっと力を抜いて、ネ。

近所のお友達もたくさん同じ小学校に通っているので、下校後の遊ぶ約束はバッチリしてきたようです♪ 友達と公園に行くというので、初日は私が「次男坊も行きたいと言ってる」と「ダシ」にして、くっついて行ってみました~。

話は変わって、あのハンカチ王子の大ファンという友人から佑樹―家族がつづった物語

という本を「ぜひ!ぜひ!読んでもらいたい!」と有無を言わさず?!手渡されました(!)

上品でさわやかな印象、そして周りを気遣う言動が自然とにじみ出る。

まあ、どうにもこうにも、男の子を持つ親なら、「理想の18歳!」(ちょいとオーバーか)

と言わざる終えないのであります、はい。

斉藤祐樹くんご両親が執筆なさっているので、幼少期からの真実が語られているのがこの本の特徴です。

彼がよく口にしている「文武両道」のわけ。迷わず早稲田大学へ進学した理由がよーくわかりました。

間違いなくいえるのは、彼はご両親から決して甘やかされることなく、でも、愛情たっぷり、たっぷり、た~っぷり(特にお母様からは献身的ともいえる)注がれて育ったということです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祝・卒園

3月15日、長男シュンは3年間通った幼稚園を卒園しました。

卒園式では、子供たちはピッと背筋を伸ばして、それはそれはみんな本当に立派な姿でした(涙)1時間以上も集中力を切らさずがまんができたのは、子供たちの成長する力はもちろん、先生方のサポートがなかったら、ここまで素晴らしい姿を見られなかったでしょう。お世話になった先生方へは感謝の気持ちでいっぱいです。

3年前の入園スタートから、シュンにとっては必ずしも良いスタートではなかったのです。というのも、入園式2日前に次男のヒロミが生まれ、やはりママとして赤ちゃんに手をかける時間の方が大きかったので。。。(入園式はどうしても出席してあげたくて新生児室にヒロミをお預けして、入院中の病院からかけつけました☆)

朝のバス停までの送りはパパに、お迎えはひと月泊りがけでお手伝いにきてくれた義ママにお任せして。義ママが帰ってしまった後はファミリーサポートセンターの方のお力も随分とお借りして、なんとか第2子出産時期を乗り越えることができました。

朝、バス停でわんわん泣きながらどうしてもバスに乗れないお子さんがいる中でも、シュンは元気いっぱいに飛び込むようにして幼稚園バスに乗ってくれて。。。本当はもっと甘えたかっただろうにね、ごめんね。。。 いや、家で甘えられない分、彼にとって幼稚園は救いの場だったのかも・・・(?)

年中さんくらいから保護者宛てのお手紙など使わずに、「今週中に牛乳パックをもってくること」とか、「紙袋をもってくる」というように、先生からの伝言をどれくらいきちんとお母さんに伝えられるかという練習?が度々あったので・す・が!これがまた、シュンはなかなか自分から口を開かず・・・。ご近所さんから教えてもらったことも多々ありました。とほほ。でも最近やっと、やぁっと、帰宅して玄関を開けるなり紙袋がストックしてあるところを勢いよくあけ、「ママ~園服の長さくらいの紙袋ある~?」とちゃ~んと伝言ができるようになりました☆・・・ってもう卒園です。ああ、3年間というのはカレが成長するために必要な時間だったのだと実感。よくいわれるけど、親は焦っても仕方ない。反省。

さあ、4月からは一年生。めいっぱい遊んで、勉強をして、恋もして?今まで以上に充実した毎日を送ってほしい。あたたかみのある暮らしを家族みんなで続けて、いつかこの小さなドアから広い世界へ飛び出していってくれたら。。。

これからはさりげないサポートが必要になるはず。少しづつ子へのかかわり方が違ってきても親業はまだまだ続きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お料理は愛情で味がかわる!!!

20061211_001 私のお誕生会の準備中の我が家のオトコ三人衆。なにやら塗り塗りしてますよ。そして出来上がったのは「いちごのケーキ!」スポンジにシロップは塗らず生クリームに香りづけもしないシンプルなケーキ。だけど、だけど、私が今まで食べたいちごのショートケーキの中では一番おいしい!!!20061211_002うそみたいだけど、お店のケーキみたいに美味しかったのよ☆ そしてそして普段滅多に料理をしない主人がビーフシチューを作ってくれました!20061211 ごはんにも合う味でとっても美味しかったです。

こんなうれしいお誕生会のうえ、パパからのプレゼント、そして友人からのプレゼント。私は本当に幸せです。本当にありがとう!これからもいっぱいよろしくね!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

眠ることはスバラシイ!

平凡な毎日のなかでも気持ちがふんわりしたり、逆にどどーんと沈んだり、人間だからやっぱりあります。自分を健康な状態にリセットするためにおいしいお茶を入れたり、読書をしたりと、まあいろいろあるわけですが、私に一番合っているのが、眠ること!!!こどものように成長ホルモンが出るわけでないのですが、大人でも午後10時から午前2時の間熟睡するのは翌朝の体、心をよい状態に向ける力があるそうです。次男がお世話になっているカリスマ保育士とも呼ばれている先生にそんなお話を聞いてから確信をもったのでした。

20061123 ばたばたしていたここ数日のなかでホッとした時間を過ごせたのがご近所さんとの集まり☆パパたちも交じり3家族が集まって持ち寄りパーティです!もともとはららぽーと豊州のインドネシア料理屋さんで食べたエスニック料理が美味しくて、「辛い料理食べたいねえ」とカレーパーティしようか!となったのがきっかけ。このバックにはカレーやデザート、そしてタイミングよくボジョレーもスタンバイ♪ああ、おなかいっぱい、ご馳走さまでした!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

6歳お誕生日おめでとう!!!

20061113_002 週末、長男シュンの6歳のささやかなお誕生会をしました。

チチハハとして、0歳から1歳、1歳から2歳・・・5歳から6歳とその一年の感覚のスピードがどんどん速くなってます。こうやって、どんどん大人になっていくんだね、きみは。

今日のメニューは、ほぼカレのリクエスト通り。あ、お赤飯だけは私の気持ち(!)

ベシャメルソースに生クリームを加えた一年に一度?!のスペシャルえびグラタン。

ケーキもリクエストどおりにチーズケーキにブルーベリーをたっぷりのせて。

プチパンもこんがり焼いてみました。

この日の昼間はランドセルを買いに土屋鞄さんまで行ってきました。

東西線の門前仲町からすぐ。ひと気のない路地にまでお客さんが溢れて、なかなかの人気!

本人はずっと「黒がいい!」といっていたのに、本物を目の前にして迷いだし、最終的には茶色になりました。シックな茶なので、店内を見渡すと購入を決めてた女の子もいました。

ランドセルが決まって、あとは机かあ、どうするかなあ、机。。。

当面は教科書置きになるとわかっていても、やっぱりマイデスクがあった方がいいのかしら? 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

子どもとの日曜日は・・・

週末、高校のときの友人たちが子連れで遊びにきてくれました☆

春に会ったときはお座りだった赤ちゃんが立派にたっち!お顔もキリッとして。

子供(とくに赤ちゃん)の成長って悲しいくらい早い。かわいい子どもたちに囲まれている現在の生活がすーっとなくなる日がくると思うと、ちょっと淋しいな、頼もしいような、そして自分自身の自由な時間がもてるとワクワクするような!

と、おもいを巡らせる間もなく、子連れの集まりは賑やかです!

たくさん作ったぎょうざもみんなペロリ食べてくれて、デザートの杏仁豆腐もあっという間になくなりました!市販のお菓子のキット?は普段ほとんど使うことはないけれど、「HEICHINROU」の杏雲杏仁豆腐は別格。熱湯と牛乳を混ぜるだけ。300円しないでこのふるふる度は立派!

途中、家の中でのドタバタがひどくなってきたので、「パパとちょっと外で遊んでおいで!」と外へ促したら、20分もしないうちに「コンビニでアイス買ってきた!」とうれしそうに帰ってきました・・・。(パパ~それ違うよ~)

土曜日はほとんど家の中で過ごしてしまったので日曜日はハリキッて近くの公園へ!

長男が自転車で行くというので、私は付き添い(まだシュンひとりで公道は不安・・・)

で軽くジョギング(ゼィゼィ。10月だというのにハハだけ汗だく~)

午前中いっぱい遊んだら、午後は親子で昼寝~。起きたらびつくり、まだ4時だというのに空が真っ暗。さっきまであんなに晴れていたのに。早めに帰ってきてよかった。

こんな穏やかな休日もありかな、とおもう日曜日の午後でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BBQ!!!

ファミリーBBQしてきました♪

今回は同じマンションの3家族で稲毛海浜公園のBBQ場へGO!

ほとんど初対面なパパたちは炉を囲み、うちわでぱたぱたしながらニタッ。(よしっ、どのパパも目じり下げ気味になっている。OK?)

しかし、炭への着火はうまくいかず、3家族の年長Tちゃんがひとつ提案。

「となりのおじさんたちにいい炭少し分けてもらおうよ~。」

年中Yちゃんがスコップ片手に知らない人々へ恐る恐る声をかける。

かわいいYちゃんの登場で、おじさまたちは張り切って着火完了の炭を分けてくれるわ、肉はどっさりくれるわ、子供たちにお菓子配るわ、ガスバーナーで一気にこちらの炭着火してくれるわ!!! 10数人のちょいワルおじさまたち、ありがとう♪

Yちゃんの度胸に拍手!的確な指示を出してくれたTちゃんに感謝!

そんなこんなやりとりしてる傍ら、チビチビ3人チーム(注:平均年齢3才弱)は、炉の周りの灰をまとったすてきなジャリの上をドジョウの如く泳ぎまくり、土人のようになる。そんな姿のまま、いつの間にかとなりの若いキレイなおねえさんたちをつかまえ、一緒にジャリの山をこさえる。

チビチビチームの兄姉ら(平均年齢約6才)は通路一本隔てた海岸へ一気に走りぬけ、「うみでおしっこしよーよ!」うそでしょ?!ハハは追いつかず、ズボンとパンツを足首まで下ろした息子たちの後姿を見つめるしかなかった。しかも、3分もたたないうちに今度は海の水を飲んでいる!!!・・・ お・おまいら、さっきそこでしっこしたよな?したよな? 近くで、酒の勢いにより全裸になって走っている若者と10年後の君たちを、ハハは頭の中で重ねた(涙) 

BBQって、BBQっって、こんなんだったっけ~?!?!?!20060930_001_1

そうか。今日はただのBBQでなくファミリーBBQだったのだ。

ラム、ステーキ、焼き鳥、つくね等、とっても、とお~っても美味しい~♪大人12つの目で子を見守りつつ、炉に近寄れる短い間、今回のBBQ大将の奥様Yちゃんがわたしのくちにお肉をあーん運んでくれた☆

子育てしずらい世の中だと言われるけど、こどもがいるとこんな素晴らしい?!休日も過ごせるのです。若いカップルのみなさん、こどもをじゃんじゃん産んでください(!)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

きかんしゃやえもん

今朝、教育テレビで、影絵?人形劇で「きかんしゃやえもん」を放送していました。

新幹線や電車が大好きで、毎日「なりきり」シュッシュッポッポしているヒロは、煙をはいてる機関車に興奮!テレビに駆け寄り、テレビ手垢でべたべた~。

「きかんしゃやえもん」は私も昔から大好きな絵本のひとつ。

家事の手を止めて思わずチビとふたりで見入ってしまいました。

そして、こともあろうか、涙してしまいました・・・。

ヒロ「ママ、ないてる?なみだ、ないてる?」と不思議そう。

やえもんに涙してしまうなんて、自分でもびっくり。ど・どういうこと?!と自己分析してしまいました。

でも、やえもんってひとの人生そのものですよね。

毎日毎日一生懸命働いて、余生を子供たちに囲まれて。

究極のハッピーエンドです!!!

新しい鉄道博物館に早く行ってみたくなりました☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)